スタイルを良く見せるためのポイントは?着痩せに役立つ色と柄


膨張色と収縮色を上手に取り入れる

着痩せのために1番重要なポイントとなるのは、色使いです。膨張色と収縮色がそれぞれ持つ特徴を理解し、上手に組み合わせる必要があります。膨張色とは、実際よりも太って見えやすい色です。具体的には白やベージュのような薄めの色と、赤やピンクといった暖色系の色を指しています。膨張色による着ぶくれを防ぐためにも、淡い色のトップスには濃い色のボトムスを合わせるようにしてみてください。また、ふんわりとした服にタイトな服を合わせるなど、シルエットを意識することも効果的だと言えます。

収縮色とは、実際よりも痩せて見えやすい色です。黒のほか、青やネイビーのような寒色系の色が当てはまります。収縮色には全体を引き締めて見せる効果があるため、着痩せを目指したコーディネートには欠かせません。しかし、収縮色だけでは重たい印象になり、逆効果になってしまう可能性もあります。よって、全て収縮色でまとめるのではなく、着痩せしたい部分に収縮色を取り入れるようにしましょう。膨張色である白のトップスも、収縮色のボトムスを合わせるとメリハリのある印象に仕上がります。

着痩せにはストライプと小花柄がおすすめ

着痩せ効果が得られる柄として挙げられるのは、ストライプと小花柄です。縦のラインを強調するストライプは、1枚シャツを羽織るだけでも細く長く見せることが出来ます。小花柄は、収縮色のものを選ぶとより効果的です。小花柄のフレアスカートには、ウエストの細さを強調するとともに、足元をカバーできるというメリットもあります。

ニコチンソルトは、紙タバコに近いニコチン感を得ることができます。日本国内では、入手困難となっています。