サングラスは何をポイントに選ぶ?サングラスの機能とや効果と選び方


サングラスの機能と効果

サングラスは、強い日差しから目を保護するという役割を持ちます。眩しさの軽減だけでなくサングラスにはきちんと選ぶことでさまざまな効果があります。

日差しの強い日に外にでる場合、気になるのが紫外線です。目にはもともと紫外線をカットする機能があるので短時間の外出なら特に影響はありませんが、長時間強い紫外線を浴びることで、目の病気を引き起こすリスクが高くなる可能性があります。長時間屋外にいる場合は、サングラスをつけることで、紫外線の影響を軽減することができます。ですが、ただサングラスをかければいいというわけではなく、UVカット効果があるものを選ぶことが大切です。色が濃いだけのサングラスでは、逆に目に悪影響がある可能性もあります。

また、サングラスはつけることで、目の乾燥や埃などの侵入を防いでくれます。特にコンタクトを使用している人にとって、乾燥や埃の侵入は大敵です。乾燥で引き起こされるドライアイは、眼精疲労の大きな原因にもなります。

サングラスを選ぶポイント

サングラスは使用するシーンに合わせて、選ぶとより効果的です。

おしゃれを楽しむためにつける場合は、自分の輪郭を意識して最適な形を選ぶと魅力的に見せることができます。
スポーツなどでは、光の反射具合や使用する場所の紫外線の強さなどを考えて、色やデザイン、レンズの種類等を考えて選ぶと良いでしょう。特にレンズの色は、色によって光の反射具合が変わってくるため、スポーツでは成績にも影響してしまう可能性もあります。例えばブラウン系は、景色をくっきりと見ることができるため、魚釣りやゴルフなど目標物がある場合に最適です。イエロー系は夜間でも明るい視界を維持することができます。

サングラスは、海外の人がよくかけているイメージがありますが、ファッションセンスの良い人なら日本人でも着用しています。